スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2018年08月06日

岩国フレンドシップデー2018 PACAF F-16 Demo Flight 〜午後の部〜

皆様、こんにちは!ASAHIの友人、クマでございます。
ここからは、岩国フレンドシップデー2018にて実施された、太平洋空軍F-16による展示飛行 午後の部についてリポートしていきます。
最後までお付き合い頂ければ幸いです。


(午前の部はこちらから〜‭http://fgk2010.militaryblog.jp/e929557.html‬)


着々と出発準備が進められます。
整備員とパイロットが連携を取り、機体の各部位(ラダーやエルロンなど)が正常に動作することを確認・点検していきます。
この時、エンジン出力の点検も行うとは知りませんでした。まだまだ知識不足です(^_^;)
また、今回の使用機体も、第35戦闘航空団司令官指定機の、91-0357号機です。


点検を終え、滑走路へ向かいます。
今回の展示飛行を担当するパイロットは、部隊創設以来最高の操縦技術を持つと言われ、これをもってラストフライトとなる、リチャード・スミーディング少佐(PUNCH)です。
午前の部で操縦を担当した、ジェイコブ・インペリッツェリ大尉の師匠にあたります。


さあ、轟音を立て、離陸滑走が始まりました!
アフターバーナーを使用しての離陸、アフターバーナーテイクオフです。


戦闘機って、本当に短い距離で離陸しますね。普段は民間機ばかり追いかけている私にとっては、違和感に近いものを感じます。
さて、ここから急上昇!かと思いきや…


大きく右旋回です!
これは、悪天候時に、視界確保の理由につき、高高度まで上昇出来ない時に実施される離陸パターンです。(ちなみに、悪天候時に実施される課目パターンを、ローショーといいます)
…という事など当時の私は知る由もなく、予想外の出来事にビビっておりましたw


一度、会場正面から離脱します。
この後、進路を左に変え、会場左側より進入してきます。




ここからは午前の部と同じく、半分宙返りをして、再び会場正面を通過します。




反対側でも同じ機動を行い、再び会場正面を通過します。




そして、滑走路上空より離脱します。
アフターバーナーテイクオフ&キューバンエイトでした。





こちらは、ハイスピードパスです。
マッハ1近いスピードで会場正面を通過します。




続いては、グルグルと回りまくる、トリプルエルロンロールです。
航空自衛隊の戦闘機の機動飛行では、ロールをするといった内容はあまり見かけないので、新鮮さを感じます。




見た目以上にキツイとされる、9Gターンです。
F-16の旋回性能を垣間見る事が出来る課目ですね。




少し分かりづらいかも知れませんが、4ポイントロールです。
パイロットによって、ロールを打つリズム(?)は異なります。
例えば、今回のスミーディング少佐や、午前の部で操縦したインペリッツェリ大尉は、背面の時間を長くとってありますが、数年前の別のパイロットは、均等にロールをしていました。
とはいえ、どれが正解なんて事はありませんがねw




続いては、機体を横に倒したまま飛行する、ナイフエッジパスです。
よく見ると、高度維持の為に、少しラダーが動いているのが分かります。






こちらは、敵からの攻撃を回避するという実用的な課目、ファルコンターン&シャークトゥースです。
普段、あまり見ない戦闘機の高い機動性にビビっていたのを覚えています。




先程までとは対照的に、遅いスピードで会場正面を通過する、ロースピードバス(ハイアルファパス)です。
この後、アフターバーナーを点け、一気に加速していきます。(ロケットローンチと呼ぶデモフライトチームもあるそうです)




2度目のハイスピードパスです。
これまでは「ブウゥゥゥゥゥン」と言った音が聞こえてきましたが、この課目では「シューーーン」と言った音が聞こえました。
それだけスピードが速いという事でしょうか。


垂直にロールをしながら上昇する、マックスクライム・ウィズ・ロールです。
皆さんお馴染みのブルーインパルスでも「バーティカルクライムロール」という名称で似たような機動をする課目がありますが、あちらは4回転(これより少なくなる場合もあります)行いますが、こちらは7回転行いました。
アフターバーナーがあるお陰で、スピードを維持する事ができます。


そして、ロールをしながら降下する、スパイラルダイブです。


こちらは、私の大好きな課目、デディケーションパスです。
心なしか、午前中よりも会場の近くを飛んでいた様な気がしました。


最後は、ローリングピッチです。
ロールを打って、ショーを締めます。
この後、着陸態勢に入ります。


着陸後は、大きく機首を上げながら減速します。
この姿勢を維持するのは難しいそうです。




そして、スポットへ戻ってきました。
これで、展示飛行 午後の部は全て終了です。

この後、無事にラストフライトを迎えられたスミーディング少佐が、我々ファンの近くまで来てくださり、記念撮影やサイン会などのファンサービスが行われました。
私も、スミーディング少佐と一緒に写真を撮って貰いました。とても良い記念となりました。

さて、今回の岩国フレンドシップデー2018は、ブルーインパルスこそ不参加だったものの、晴天の中、F-16だけでなく、F-35Bのアジア初となる展示飛行など、大満足となる内容でした。来年も是非行きたいと思います。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。質問等あれば、お気軽にコメントしてください。  

Posted by FGK  at 14:54Comments(0)イベント

2018年06月12日

岩国フレンドシップデー2018 PACAF F-16 Demo Flight 〜午前の部〜

皆様、お久しぶりです!
ASAHIの友人、クマでございます。
今回は、去年から計画していた通り、ASAHIと一緒に、岩国フレンドシップデーに行って参りました。
そこで色々見て来た訳ですが、この記事では、太平洋空軍デモチームによる、F-16のアクロバット飛行について書こうと思います。
とは言っても、まだ知識は不十分ですが、温かく見てやってください(^_^;)


太平洋空軍デモチーム(PACAF F-16 Demo Team)は、青森県 三沢基地ベースの、アメリカ空軍第35戦闘航空団に籍を置き、

1.募集活動及び退職者増加防止活動の支援
2.米国、米軍人、米軍機に対する信頼を得ること
3.太平洋地域諸国との関係を強化

を目的として、日本国内での航空祭を始め、太平洋諸国でのエアショーなどで、展示飛行を行う部隊です。


今回展示飛行にて使用された機体(91-0357)です。
尾翼に"35FW"と書かれているので、第35戦闘航空団司令官指定機となります。
また、尾翼の上の部分が、前から赤〜黄となっているので、35戦闘航空団隷下の、第13戦闘航空隊所属の機体であることが分かります。
(ちなみに、黄〜赤だと、第14戦闘飛行隊所属機となります。)
このように、部隊カラーを2色塗るのも、司令官指定機や、運用群長指定機(同航空団の場合、"35OG"と書かれています)などの特別な機体の特徴ですね。

それでは、まず午前の展示飛行についてリポートして参りましょう。
今回の展示飛行は、これが初フライトとなる、ジェイコブ・インぺリッツェリ大尉(PRIMO)の操縦でした。


大きな音を立て、離陸滑走が始まりました。
ちなみに、これは私が到着して、ASAHIと合流した直後の事だったので、少し焦りました(^_^;)






低空で通過後、一気に機種を上げ、急上昇に移ります。


ここで宙返りを半分行って、会場正面を通過します。
ブルーインパルス 5番機の離陸「ローアングルキューバンテイクオフ」に似ているように思います。


そして再び急上昇〜宙返りを行い、会場正面を通過します。
写真にはありませんでしたが、この後、離陸時の使用滑走路と次課目の進入位置からか、左側でもう一度同じ機動を行います。


左方向から進入後、左に旋回し、離脱します。
アフターバーナーを使用しての離陸、アフターバーナーテイクオフと、急上昇からの半分宙返り、キューバン8でした。

続いては、会場右側より、ハイスピードパスです。
その名の通り、マッハ1近いスピードで、会場正面を高速で通過します!






「はっえぇ…」
というのがこの時の感想でした。
正直、これ以外に言葉が見つからなかったです(^_^;)







続いては、トリプルエルロンロールです。
これもそのまま、左に3回連続ロールするという内容の課目です。







こちらは、会場右側より9Gターンです。
アフターバーナーを点けたまま、最小半径で旋回します。
スピードが速い分、多くのGがかかるため、パイロットはかなり過酷な環境の中、機体をコントロールしている事になります。







写真では伝わり辛いですが、4ポイントロールです。
ブルーインパルスでも同じ課目がありますが、こちらの方が、背面飛行の時間が少し長いです(パイロットによりますが…)

続いては、第2次世界大戦で使われていたとされる機動、ダブルインメルマンです。




右方向から進入後、離陸時と同じように半分宙返りを行います。
写真にはありませんでしたが、その後もう一度同じ機動を行います。
もしスモーク装置が付いていれば、空には大きな反転したSの字が完成していたでしょうね。
イメージとしては、ブルーインパルスのバーティカルキューバンエイトの半分…と言ったところでしょうか?

次へ参りましょう。








敵からの攻撃を回避するため、左右から上下の迅速な移行を実施する、ファルコン・ターン&シャークトゥースです。
実際の戦闘でも実施される機動ということで、かなりキレのある飛行でした。
正直、この課目の詳しい内容はまだ把握できていません…ごめんなさいm(_ _)m

次へ参ります。



今度は、会場左側より、ロースピードパス(ハイアルファパス)です。
こちらは、F-16の高い低速性能を活かし、ゆっくりと会場正面を通過します。
通過後は、アフターバーナーを使用し、高高度まで一気に駆け上がります。
この課目は、F-16の姉妹機である、航空自衛隊 F-2戦闘機の展示飛行でも、よく実施されています。(実際、今回のフレンドシップデーにおけるF-2展示飛行でも、実施していました)



次は、会場右側より、ナイフエッジパスです。
こちらは、機体を90°傾けたまま会場正面を通過するという課目です。



続いては、ロールをしながら地上5000mまで急上昇する、マックス・クライム・ウィズ・ロールです。
垂直に上昇しながら、5回転します。


そして、写真では伝わり辛いですが、ロールをしながら急降下する、スパイラルダイブです。





次は、会場右側やや後方より、デディケーションパスです。
現在テロなどと闘っている、あるいは命を落とされたアメリカ合衆国及び同盟国の兵士の方々に捧げる(=dedication)パスと言うことらしいです。





最後の課目、ローリングピッチです。
左方向から進入後、ロールをして、着陸態勢に入ります。
戦闘機は、敵からの攻撃を受けないよう、滑走路上を通過した後、大きく旋回し、高度を下げながら着陸します。
この課目では、ロールを加えることによって少しアレンジをしていますね。
この後、F-16は着陸態勢に入ります。





そして、スポットに戻って来ました。
私自身、戦闘機を見るのは3年振りで、とても大きなエンジン音、そして民間機ではあり得ないような高機動に、終始驚かされっぱなしでしたw
そして、PACAF F-16デモチームについて色々調べてみようと思ったのもこの時でした。
以上で、F-16の午前の展示飛行は全て終了です。次は午後の展示飛行についてお伝えします。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
ご質問などございましたら、お気軽にコメントしてください。ASAHIを介し、お答え致します。  

Posted by FGK  at 20:53Comments(0)イベント

2018年06月09日

FN F2000 比較レビュー

どうも〜
ASAHIです‼︎
いや〜
もう梅雨入りですか〜
ジメジメした季節はあまり好きじゃ無いので私には辛いです。
梅雨が明けたら、次は夏か〜
夏は夏でキツイし本当何とかなりませんかねw
私が住んでいる関西レベルの秋、冬が永遠続いてくれたら良いのにな〜
って思うこの頃です。
それでは本題に参りましょう‼︎

もうF2000が2発続いたら流れは比較ですよww
商品のレビューや分解なんて調べたらいくらでも出て来ますが、比較レビューはあまり出て来ませんからね〜
このブログの特色だったりもします。
それに加えて、今回はアレですよ‼︎
先週のShot Show JapanでG&GのリニューアルF2000公開されました‼︎
関東で行われたG&Gのイベントで登場していたので絶対に来るだろうなって思ってたら案の定来ました!
コレはもう書くしか無いですね〜

まずはG&G旧モデルのF2000とCyberGunのF2000 Tacticalを比較しようと思います。
まあ、通常モデルとTacticalで差が有るので完全な比較にはならないのですが、まあ形状的には大体同じなので各部を比較します。


全体はこんな感じですね〜
まあ、普通に並べてるだけだと専用スコープの有無ぐらいしか気になりませんw
質感は全然違います。
G&Gの方がしっかりしていて、CyberGunの方は何かオモチャみたいな感じです。
材質が違うのでしょうか?
それか、形成の仕方が違うのかも知れませんね〜

マズルはこんな感じです。
まあ、基本的な形状は同じですが、やはり質感が違いますね〜
マズルもやはりCyberGunの方はオモチャっぽい感じです。

分割してみるとこんな感じです。
どちらも基本的に同じ作りになっているので3分割できます。
コレも実銃同様だしまあ特記すべき事でも無いかも知れませんw

グリップの形状も見た感じ同じですね〜
ただ、これも本体同様質感が全然違います。
重量も違うのでやっぱり材質が違うのかも知れませんね〜

G&Gのライト付きグリップも含めて並べてみました。
このグリップには互換性があるので付け替える事ができます。
あまり数は出てませんが、G&Gのライト付きグリップをCyberGunに付ける事も可能です。


アッパーレシーバーはこんな感じです。
チャンバー回りが全然違うので互換性はありません。
アッパーレシーバーするなら加工が必要になります。

バットプレートはこんな感じでCyberGunの方はネジ留めになっています。
G&Gの方は無理やり開けてる感じがあるのでこの辺は後発のCyberGunの方が良いかも知れません。


バッテリースペースはこんな感じです。
G&GはVer6系、CyberGunはVer3系なのでバッテリースペースは変わっています。
まあでも広さ的にはあまり変わらないし、そこそこ広いので特にバッテリーで困ることは無いと思います。
動作面ではカットオフレバーの形状が特殊でセミオート時にトリガーロックが頻発してしまうG&GよりVer3系メカBOXを採用したCyberGunの方が優れていると思います。


G&GのリニューアルF2000ですが、セミオートでのトリガーロックの解消や他のメリットも有る電子トリガーを導入する様です。
また、正式ライセンスモデルという事でFN刻印もきちんと入るみたいですね〜
発売は2018年の夏頃との事です。
価格に関しましては現時点で詳しくは不明ですが、まあ、今まで+αぐらいになると思います。
発売されるモデルも今までと同じ展開になる様です。

本日はここまでです。
ありがとうございました。

質問等有れば気軽にコメントして下さい‼︎  


Posted by FGK  at 18:34Comments(0)電動ガン

2018年05月22日

G&G FN F2000 レビュー

どうも〜
ASAHIです‼︎
投稿ペースも少しづつ取り戻していますw
最近は過ごしやすい気温ですね〜
でも、これから梅雨がやって来ると思うとゾッとします。
それと新潟の女児殺害でしたっけ?
あれ酷いですよねー
殺害した後に電車に轢かせるってのがもうサイコってる......
事件そのものも酷いのですが、それに関した最近の報道もヤバイと思うんですよー
犯人はアニムが好きだったとか、電気工事士だったとか、工学系だったとか.....
ソレ関係ないやんって思います。
本当マスコミはマスGミだなぁw
報道の印象操作って怖いですよね〜

さて、本題に参りましょう。
今日はまたF2000です。
またですw

今回はG&GのF2000ですね〜
G&GではG2010と呼ばれてます。
フル刻印モデルではG&GでもF2000と呼んでいたのですが、商標とかライセンスの問題からから刻印無しモデルではG2010と呼ばれています。
今年度のG&Gのイベントでライセンス取得のフル刻印モデルが電子トリガー付きで再販されるらしいので、ある意味刻印が無いG2010はレアになるかも知れませんねw
CyberGunからもF2000が出てるし、CyberGunとG&Gで揉めそうって思ってたのですが、どうやらG&GはFN社からじゃ無くてFN社のライセンスを持っているCyberGunからライセンスを取得したようです。
なんともややこしい関係ですねw
G&GからF2000が出ちゃったらCyberGunがCYMAに作らせてるF2000はどうなるんでしょうね?
生産中止にしちゃうのかな?
その辺の事情も気になりますw

それでは各部を見て行きましょう。


全体はこんな感じです。
やっぱり専用スコープ付きモデルはイカツイですね〜
これぞF2000って感じがします。

刻印はこんな感じです。
やはり刻印は残念ですね〜
G&Gからも今回の再販の奴とは別に、以前フル刻印モデルが発売されていたのですが、オークション等でも全然見ません。
市場に出た数もかなり少なかったのかも知れませんね〜

マズルはこんな感じです。
そうですね〜
これも軍、法執行機関向けのモデルですね〜

前方はこんな感じです。
やっぱり専用スコープが目立ちますね〜
専用スコープは本体に合ったデザインになっていて、本当にその銃の専用品って感じです。
デザイン的にもかなり美しいです。

セレクターはこんな感じです。
前回も書きましたがP90と同じタイプのセレクターですね〜


エジェクションポートもしっかり開閉します。
こう言う所が動くて嬉しいですw

バッテリーはバッドプレートを開けて本体に入れます。
バッドプレート底部を曲げることに良ってバッドプレートを取り外すことができます。

スコープはこんな感じで1.5倍になっています。
実銃も1.6倍だしまあまあいい感じじゃ無いでしょうか?


コレはあまり知られてませんが、オフセットサイトも付いています。
スマホ写真だと少し分かり辛いですが、スコープ事態かなり見やすいです。
オフセットサイトは、専用スコープが壊れた時や視野を確保したい時に使うのがいいかも知れません。

本日はここまでです。
ありがとうございました。

質問等あれば気軽にコメントして下さい‼︎
  


Posted by FGK  at 01:15Comments(0)電動ガン

2018年05月13日

CyberGun FN F2000 Tactical レビュー

どうも〜
ASAHIです〜

またまたお久しぶりになってしまいましたね〜
レビューは間髪入れずに打ちたかったのですが、写真を撮り忘れてしまいまた。
やっぱり家に銃が無いのは辛いですw

この季節、皆さんは体調大丈夫ですか?
私は久しぶりに熱が出て寝込んでます。
体調自体は全然悪く無いのですが、熱が出ると中々力が入りませんw
寒くなったり暑くなったり気温の変化が激しい季節なので皆さんも体調には十分注意して下さいね。

さて、本題に参りましょう。
時間は開いてしまいましたが前回の続きですね〜
もう日本にもかなりの数が入ってるんじゃ無いでしょうか?

それでもやはりCyberGunのF2000はあまり見かけませんね〜
元よりF2000自体あまり見かけませんがw
G&GからF2000がリニューアルするらしいしF2000もまた人気がでるかも知れませんねw
G&GのF2000に関してはまた詳しく書こうと思います。

それでは各部を見て行きましょう。


全体はこんな感じです。
こう見るとやっぱり近未来的なデザインですね〜
これでも開発は2000年台初頭だから驚きますw

マズル周りはこんな感じです。
マズル周りを見る限りいわゆる軍、法執行機関向けのF2000がモデルになっている様です。
CyberGunから出ているモデルはこのタイプのマズルしかありませんが、G&Gからは民間向けロングマズルモデルも出てます。


刻印はこんな感じです。
流石CyberGunですね〜w
しっかりFN刻印が入ってます。
ただ、残念なのがcal. 6MMって所ですかねとまあ、この辺は色々な事情で仕方ないのですがw

フロントサイトはこんな感じです。
レールに乗っているので取り外す事ができます。


リアサイトはこんな感じです。
折り畳みが可能になってます。
コレだと光学照準器を搭載しても苦になりませんね〜


サイト自体はこんな感じになっています。
スマホ写真だとどうしてもピントが合いにくく伝わり辛いのですが.....
見やすさはまあ、ごくごく一般的なアイアンサイトと同じぐらいですね〜
F2000タクティカルのアイアンサイトは見にくいと言う意見もありますが、アイアンサイト信者の私は全然苦にならないレベルですw


F2000の特徴の1つであるエジェクションポートもしっかり開閉します。

セレクターはもうお馴染みのアレですね〜
P90と同タイプの奴です。
感じはどうでしょうか?
少し硬いぐらいだと思います。

F2000はこの様に大きく3つに分解する事が出来ます。
この点も実銃とほぼ同じ作りになっていて完成度はかなり高いです。

チャンバーはこんな感じです。
M4/M16系チャンバーがそのまま入る訳では無さそうです。

バッテリーはバッドプレート下部のネジを外してバッドプレートを開け、その中に入れます。
少し手間がかかりますね〜

全体的に見て面白いF2000は面白い作りですw
ブルパップでフルサイズと比べると取り回しも良いので実戦投入して行きたいです。

本日はここまでです。
ありがとうございました。

質問等あれば気軽にコメントして下さい。  


Posted by FGK  at 19:05Comments(0)電動ガン

2018年03月31日

CyberGun FN F2000 Tactical 開封レビュー

どうも〜
ASAHIです‼︎
超絶久しぶりですね〜〜
年度末は普段にも増して予定が立て込んでいたので全然更新できませんでした。
楽しみにしていた方には申し訳ないです.....
新年度からは昔みたいなペースで記事を打てたら良いのですが.....
正直な所まだ分かりません。

まあ、そんな事は置いといて本題に参りましょう。
そうですね〜
久しぶりに更新するって事もあり、何かインパクトがある奴を探してたんですよ〜
そしたら、上手い具合にコイツが手に入りましてww

CyberGunのF2000です。
どうやら、作ってる所はCYMAみたいですがww
F2000と言えばG&Gが有名どころですかね〜
商標権で色々揉めたみたいで最近姿を消してますがw
後、あまり知られてませんがJLSからも電動ガンとして出てましたね〜
JLSのF2000はセレクターが少し変な所にあるなど所々オマージュされてますが全体的にはとても仕上がってた感じです。
そんな中、出て来たのがコイツですよ〜
後発の奴ってよっぽど性能が良いか、仕上がりが良いか、値段が安いかしないと売れないイメージがありますが、F2000に関してCyberGunは結構良い所を突いたと思います。
G&Gの奴も公式には出てないし、JLSもあまり見ないし、本当にF2000を売るにはナイスタイミングですw
そんなCyberGunのF2000を今日は簡単に書こうと思います。

箱は先程の通りです。
いや〜〜
流石CyberGunですね〜w
FNのマークをしっかり付けて来てますww
箱を開けるとこんな感じです。

発泡スチロールは海外製やマルイの昔の電動ガンによく使われていたタイプの奴ですねww
割ったらうるさい奴ですw
パッケージとは逆向きに銃が入ってるのも面白いですね〜
チャージングハンドルをスチロール箱で守る為でしょうかね?

箱から出すとこんな感じです。
付属品は多弾マガジン、クリーニングロッド、BB弾、ターゲット、説明書です。
まあ、安定ですねww
ターゲットを入れている辺り、マルイを意識してる感じが伺えます。


説明書はこんな感じです。
至ってシンプルですね〜
本当に必要事項だけが書かれてる感じですw

本日はここまでです。

コイツは近いうちにまた詳しくレビューしようと思います。
近いうちに.....(意味深)
まあ、本当に近いうちに書こうと思いますので、楽しみにしておいて下さい。

ありがとうございました。

質問等あれば気軽にコメントして下さい。  


Posted by FGK  at 02:32Comments(0)電動ガン

2018年01月27日

Quality Power(ZL) DSA SA58 レビュー

どうも!
ASAHIです。
かなり遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます‼︎
それにしても1月は大変ですね〜
色々やる事があって。
それに加え、体調も崩してしまい本当に大変でしたw
冬の風邪は長引くから本当に厄介です。
皆さんも体調には注意して下さいね。

それでは本題に参りましょう。
今日紹介するのはQuality Power(ZL)のSA58です。

まあ、簡単に言えばFALの近代化モデルですね〜


全体的にはこんな感じです。
まさしくFALにレールを付けた感じです。



各部はこんな感じです。
FALよりもしっかりしている感じも有りますね〜
ハンドガードはFALと同じ感じですかね〜
かなり感じは似ています。


グリップはFN特有のあのグリップですね〜w
FNCの後期モデルやMINIMI系にも採用されてるグリップです。
こう言う所がやはりFALやFNを連想させますね〜
エアガンとしてですが、このQuality PowerのSA58は他社のSA58、CAやJGのSA58と概ねパーツの互換があります。
もちろん、マガジンの互換もあります。
ただ、スプリングタイプのノーマルマガジンが全然市場に出回って無いなど多少の問題はあります。
またKAのFALやL1A1、ARESのL1A1とマガジン互換はありません。

今回はここまでです。

ありがとうございました。
質問等有りましたら気軽にコメントして下さい!  


Posted by FGK  at 15:16Comments(0)電動ガン

2017年12月31日

STAR FNC Tactical

どうも〜
ASAHIです〜
いや〜
もう2017年も終わっちゃいますね〜
1年が過ぎるのは本当に早いです。
皆さんにとって、今年1年はどうでしたか?
忙しかった人、充実した人、楽しかった人、大変だった人、皆さんそれぞれの1年を過ごされたと思います。
私は色々と生活環境が変わり楽しくも、忙しくもあった1年でした。
来年は安定した1年になれば良いですね〜w

長くなりましたが、本題に参りましょう。
今年最後に紹介するのはSTARのFNCです‼︎
発売されているエアガンの中で私が一番好きな銃ですw
今回紹介するのはFNCですが、FNCと言っても以前紹介した奴じゃ無くてタクティカルなFNCです。

FNCもやろうと思えばタクティカルになるんですよね〜ww

今回入手したパーツです。
トップレールは見る限り国内に在庫が無かったので輸入しました。



レールハンドガードとトップレールですね〜
どちらも簡単に付きます。
まあ、簡単に付くのが当たり前ですよね〜ww


本体に付けるとこんな感じです。
コレだけだと中々シンプルですね〜
普通のFNCとあまり変わらない感じもします。



色々取り付けれてみるとこんな感じです。
ここまで来るともうFNCの原型を留めてませんね〜
最近のタクティカルライフルにも負け無い感じです。


AK5CとノーマルFNCと並べてみました。
今回のタクティカルFNCはやはりAK5Cに感じ似てますね〜

FN M16A4とも比べて見ました。
どちらもアタッチメントを付けたらそれなりにタクティカルなライフルになると思いますw

今回はここまでです。
質問等有りましたら気軽にコメントして下さい。

1年間どうもありがとうございました‼︎
皆様、良いお年を‼︎
  


Posted by FGK  at 22:36Comments(0)電動ガン

2017年12月17日

Shot Show Japan 2017 冬

どうも‼︎
ASAHIです。

久しぶりですね〜
風邪で寝込んでたり、業務に追われたり、色々してました。

しかも、12月もう半分過ぎてしまいましたよ。
早いですね〜
もうクリスマスも近いし、年末も近いし。
この時期色々大変ですね〜
私事ですが、まだ年賀状も書いてなくてww
年賀状も早く書か無いといけませんね〜

さて、今日は少し遅くなってしまいましたが、前回のShot Show Japan について書こうと思います。


まずはマルイブースから。

まず、目玉はコレでは無いでしょうか?
89式GBB。
他社からも発表されていて、少し被せて来た感は否めませんが.....
面白い銃だとは思います。
少ししか見る事は出来ませんでしたが、実際に触って見ると質感はまあまあ良さげです。
ただ、切り替えレバーが少し軽いかったりと各部にトイガンらしさは残ってる感じですね〜
切り替えレバーに関しては89式電動ガンの方が硬い感じはしました。
後は、フルストロークなら最高だったのですが、まあその辺は難しいのでしょうww

弾倉はマルイGBB M4系と互換性がある様です。
もちろん、89式用弾倉も発売されます。



被筒など各部に金属パーツが使われているのは良い点だと思います。

そして、もう1つ
マルイ次世代AK-47です。

質感は今までの次世代AKと同じ感じですね〜
ただ、スライドストップ機能が搭載されているなど、色々進化していました。
個人的にAKMで出して欲しかったですww




ハンドガンのラインナップはこんな感じです。M45A1などが個人的に気になりますね〜
今年もマルイから色々な製品が発表されましたが、何かパンチに欠ける気がしました。
来年はAA-12を発表した時みたいに、突拍子も無い製品が出て来てくれたら嬉しいですw




こちらはG&Gのブースです。
G&GもAR-15系路線になって来たのでしょうか?
G&Gからは以前の様にF2000とかAK5みたいな他のメーカーが作ら無い様な機種を発表して欲しかったのですが....
まあ、今の日本のエアソフターのニーズ[
に合って無いのかも知れませんね....







こちらが今回のShot Show Japan で購入した物です。
あまりコレと言って欲しい物は無かったのですが、ダーミカートとKnight's Armament のグリップ、レールパネルを買いました。
どちらも実物で質感も良く、中々面白いですww

本日はここまでです。
ありがとうございました。

質問等有れば気軽にコメントして下さい‼︎  


Posted by FGK  at 23:16Comments(0)イベント

2017年11月28日

A&K KAC SR-16 レビュー

どうも‼︎
ASAHIです〜
最近、SCAR SCが発表されましたね〜
以前発表されていたSCAR-L PDWがやっと具現化された感じですね〜
今後の動向が楽しみですww

もう11月も暮れですね〜
後数日で冬がやって来ると思うと何だか変な気がします。
過ごしやすい季節は本当に一瞬で過ぎてしまう物です。
暑さ寒さも彼岸までと言いますが、その彼岸と言う奴がすぐに過ぎてしまっては1年の殆どが我慢になってしまいますねww
全然違う話ですが彼岸と言う言葉を聞くといつも夏目漱石の彼岸過迄を思い出します。
人間ドラマが好きな人は是非読んで見て下さい。
これ以上本の話をするとミリタリーブログで無くなってしまうのでこれぐらいにしときますww

さて、本題に参りましょう。
今日A&KのSR-16について書こうと思います。

と、言ってもコレもAK5C同様に結構前に買っててレビューしていなかった奴ですww
最近は製品のレビューばかりなので、また内部についても書いて行きたいです。
その内また入れて行きます。

A&KのSR-16ですが、比較的安い部類に入る銃です。
まあ、A&Kの銃自体安いイメージがありますがw
内部はどうですかね〜
それなりっちゃそれなりです。
まあ、可もなく不可もなく。
調整し無くても使えますが、調整するに越した事は有りません。

それでは各部を見て行きましょう。
まずは箱です。

シンプルなデザインですね〜
M249の時もそうでしたが、A&Kの箱はいつもこんな感じでシンプルです。


箱の中はこんな感じです。
出ましたね〜
発泡スチロールw
この発泡スチロール個人的に嫌いなんですよね〜
発泡スチロールのカスが銃に付いたりするし、酷い時には銃の機関部に入ってたりもします。

でも、こんな感じで付属品も結構付いて来ます。
まあまあの作りですが、普通に使えます。
無いよりかは有った方が嬉しいですw


全体はこんな感じです。
ストックやグリップを除きフルメタルです。
金属部分の材質はアルミでしょうか?
少し軽いですが、良い感じです‼︎
金属特有のひんやりした感じも伝わって来ます。



刻印もくっきりと入っていて見た目も良いです。
レールパネルやグリップも映えますね‼︎

値段の割には良い銃だと思いましたw

本日はここまでです。
ありがとうございました〜

質問等有れば気軽にコメントして下さい‼︎  


Posted by FGK  at 23:39Comments(0)電動ガン